-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
12月14日(金)
11月後半は珍しく仕事に、12月前半は冬型に阻まれて、
1ヶ月も空いてしまった。。。

風は、下層では弱い西、のちやや強まった感じ。
筑波方面には、レンズ雲が見えていて、強そう。

山上げの状況の関係でいろいろと待つ用事があり、
狙ったわけではなく1時頃テイクオフ。
私が出たときは、正面に弱く入っていたので出やすかったけど、
リフライトで上がってきた人たちは、強まって出にくそうだった。

西風のせいか、冬の空気だからか、久し振りだからか、空気が硬く感じる。
出てすぐは力が入ってしまい、テイクオフ周辺一帯で上がる雰囲気なのに、
上がっていかず・・・、力が抜けた途端に上がり始める。

荒れているというほどではないけど、やはり西っぽくて素直ではない。
360°が下手過ぎて、8の字の方が効率がいいので、
フワフワと漂いながら、徐々に500m。
頭打ちを感じて少し移動すると、強いリフトにヒット、
600mまでいったところで、ガチャガチャした層へ突入。
西が強まっていて、風車の回り方が早くなって…右のは止まってるし、
これ以上は怪しげな感じだったので、上げるのを止めて、お富士へグライド。
その周辺も弱くバリオが鳴り続いていたけど、
L.Dも真西でそれなりに吹いてきたようだし、
強くなり過ぎないうちに降りることに。

吹流しは南~南西だったが、その見た目以上に西成分の影響が強く、
最後の最後に西向きに取られ、一瞬ヒヤリ。
何とか立て直せたが、まだまだ安定感が足りない。

結果論だが、リフライトした2人は私が降りてから
500mくらいで+30分飛んでいて、L.Dも私が降りたとき以上は強まらなかった。
600mの手応えで上げるのを止めたのは正解だったけど、
「この逆転層の上は強風だが、これより下層では安定して飛んでいられる」
というところまで予測・判断できるようになるのが理想。

1h、600m
11月16日(金)
ウキウキな予報に誘われて、にぎわう平日。
Nダンの車に乗せてもらってGo!
一緒に行く人がいると、楽しいしお財布にも優しくていいね。

Mシさんの状況分析に耳を傾けつつ、後に並んでしばらく待ち。
風は入っているし、そろそろいけるか?とMシさんに続いて出てみるも、
まだ煮えていなかったみたい。。。

もったいないので、もう1本。
穏やかに飛んで、微風のランディングでは、フレアが遅し。
11月13日(火)
南風晴れの予報だったはずのに、車にグライダーを積むと小雨・・・。
一旦降ろして、午前中は様子見。

お昼過ぎ、南風も入り、何とか飛べそうなので、上がってみることに。
組み上がる頃、トンビもチョロッと出だして、
もしかして~と思ったけれど、穏やかにランディング。

まぁ、今日は飛べただけ良しとしましょう。
11月10日(土)・11日(日)in十分一
予報は雨+くもり。
温泉とご飯を楽しもうーと臨んだツアーだったけど、
結果的に両日飛べたし、初めてのエリアも飛べたので良かった。
優しい食事も美味しかったし。
なかなかツアーに参加する機会が少ないので、
大人数でのおでかけは楽しい!

―10日(土)―
十分一では、新人戦&パラの試乗会が行われていて、賑やか。
雨の気配も感じられるので、組んで出る方向で。
パラの方々が並んでいるのかいないのか?お作法がわからず・・・。
結局パラの方々の合間に出させてもらい、パラに挟まれて飛ぶことに。

特に上がりはしないものの、
パラと同じL.Dに同じタイミングで降りるのに慣れていないので、
相手がどうアプローチして、どう降りるのかわからなくて戸惑う。
よーく観察して、ランディング。

―11日(日)―
東風が強く、十分一は難しいということで、
米沢のNEWエリアへ。
以前来たとき(7月だったかな)には、L.Dが私には難易度が高いと感じたので、
飛ばずに見学していたが、
今回は広くて降ろしやすくしてくれていたので、飛ぶことに。

出てすぐのやや急な斜面とその先のなだらかな斜面が
一面紅葉で覆われて、綺麗なこと!
また行きたくなっちゃうよね。

ランディングは広々なのに、若干荒れていたのに動揺し、
最後のまとめがやっぱり下手。
11月4日(日)
交通事情etcでちょっと遅れて山へ。

良い予報にたくさんの人が来ていて、
組んでいる間にガーグルが上がっていく。

準備ができたタイミングでは、
上級のみなさんが渋いながらも上がっている状況。
しばらく様子を見た後、
DANNAが出て、若干浮きっぽいのでその下に向かって出る。
これで浮いているのか?いや私には無理・・・という手応え。
何が違うのか?
違いは多すぎるか。。。

ランディングは、最後のまとめがパッとしない。
集中がたりないのかな。
10月26日(金)in足尾
何となくいけるかなーとイメージせずに飛んでしまって、
ダラダラと上がらずに降りてしまった。。。

北風のランディングは月曜のリベンジ。
東の林に寄り過ぎないようにアプローチして、
ちゃんと降りれてよかった。
10月22日(月)in足尾
東~北東、T.Oは私にとってはやや強め。

D門さんとYーじにサポートしてもらって出る。

出て、ゲートを抜けた辺りでリフト帯。
ここで高度を稼いでおくべきだった。
パラ前まで行って、ジリジリ上げているIっしーを横目に上がらず。。。

ランディングの南で150→300mまで回復したけど、この後続かず。

ランディングは北風アプローチ、
東の林で巻いていたのか、最後に叩かれてショート。
修行が足りませぬ。
10月13日(土)
いつもに増して悔しいフライト。

週末の重役出勤で遅めに到着。
山に上がるとフォローでみなさん待ち状態。

徐々に風が入り始め、波はあるのものの上がる人は上がるいつもの板敷。
私は上がらないとガサガサするので、DANNAが先に出て追走させてくれることに。

DANNA、出る。
順調に上がる。
私、すぐ出る。
DANNAの下に着いて、リフトはあるものの上げられず。。。

なんてこったい。

大覚寺付近でもありそうで上げられず。
L.D上空140mで10分くらいステイするも、
これも上手く上げられずランディング。

くぅー。
10月6日(土)・7日(日)in十分一
―6日(土)―
当日朝自宅発で、到着は11時半。
この頃には、十分一T.Oは北が入り始めていたので、
高ツムジT.Oに上がる。

高ツムジも弱いけど北、時折、西や東に振れる。

東に出た人もいたが、私は西に入ってくるのを待って出る。
空中は安定。
十分一T.Oの尾根の北側、山際にトンビが数羽出てきていたので、
その上を通過するもなし。

L.Dの風は北西。
NぶさんがL.Dの状況を丁寧に無線で教えてくれたので、
言われた通りにランディング。

―7日(日)―
十分一T.Oも入っていたけど、
少しでも高いところから飛びたいと高ツムジへ。

曇天。
が、準備できたところで、トンビが十分一の辺りから上げ始めたので、
これだ!と出る。
が、当たらず。

まだ高度があるので、沖の雲がやや黒くなっている下に狙いを定め、
行ってみると、弱いリフトがあるものの、ステイすらままならず、
ランディング。

2時半頃日が射してきたけど、
これを予測しては、待てないなー。
10月5日(金)
南東~南西、晴れ。
足尾ではEJC初日。

真っ先に出ていったM氏さんのみ雲の人。
リフトへの入り方がフラットなターンで名人芸。
追随したつもりが
間に合わなかったのか、リフトの捕らえ方が悪いのか、
弱いリフトがあったが上げられず。

足尾山系も渋かった模様。
板敷L.Dは大賑わいでした。
9月29日(土)
南風、曇り。

薄日が射すタイミングで浮いている人もいたけど、
私はそのタイミングには間に合わず。
ドンヨリ渋くてみなさん出渋っているので、
お稽古だ!と出てみるけど、敢え無く撃沈。。。


久々の週末。
やっぱり、お友達が多い日はより楽しい~。
9月14日(金)
南強めの予報、晴れ
T.Oは、ムラがあって、既に強めだけど、
向きは正面で選べば出られそう。

先に出たみなさんはリッジで+50mくらいのところを行ったり来たり。

風が治まるタイミングを見計らって出る。
安定したリッジで尾根の上に出ると、
先のお三方は抜けて上空にいる!
さて追いつけ~と、ちょっと上げては前へを繰り返して700m、
お富士とT.Oの間くらいで調子よく回していると、
回すのを止めても上がっちゃうモードで1000mに。

一旦この域を避けて、ウインドに挨拶に行って700m。
南が強くて前に出すのは一苦労。
戻って、1000m以下でしばらく飛んで、ランディング。

L.Dは吹流しの様子では、それなりに吹いていそう。
・・・が、神社の林の影響か、
風が急に落ちたのに体がきちんと付いていけなかった。
それでも大きくクラッシュしなくなったのは、ある意味進歩か?
9月11日(火)
予報も実際も朝から東っぽいので、
早目に飛んでしまおうと平日組で登頂。

T.Oも東混じり。
前に出たT尾くんが右でダメそうだったので、
出て左に行ってみる・・・が、こちらも当たらず。

L.Dは降りるときには、南西になっている。
東に変わる可能性も警戒しつつ、問題なくランディング。
8月29日(水)
1ヶ月半振りのフライト

山に上がる流れに乗らないと、山上げしにくい状況なので、
早目に家を出るが、朝から事故渋。。。
ショップに着くと、もちろん飛ぶ方々はすでに山上げ済み。
さらに他の伐採工事も重なり、諦めかけたところに、
救世主I村さん登場!一緒に山へ。

準備をしていると、
ハーネスのスライダーを後に引く紐が切れていることが発覚。
またもI村さんに助けていただく。
おかげ様で飛べました。
ありがとうございました!

肝心のフライトは、ちょっとT.Oを上から見たくらいで、
あっさりランディング。
テイクオフは、グライダーが重く感じて、緊張もあり、
ちょっと躊躇ってしまった。
でも、出てからは緊張と集中とリラックスがいいバランスで飛べた。
出てすぐ力むことなく回せたし、
ランディングでは周りの様子まで見えつつも、
集中してイメージした高度感・速度感で降りることができた。
毎回こんな感覚で飛べるのが理想。
7月10日(火)
南風、今日も暑し。

そして、ぶっ飛び。

ランディング、本日10点(100点満点中)
内訳:アプローチ0点、フレア10点
最悪。
安定感がないくせに、調子に乗ってはいけない。
ラッキーでセーフだっただけ。
飛んではいけない日には、やはり飛ぶリスクがあるのか。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。