-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
7月26日(水)
晴れ・南風・いい雲。
上がらないはずがない!!
・・・と思っていたのにー。

勿体無いので、2本飛んでみた。

Yイントラによると、
センタリングの技術は上達しているようだ。
足りないのは、この条件で「どうするか」という勘とのこと。
常に考えて、やってみることで勘を養いたい。

リフトに対する感じ方も弱いと思う。
これは以前からの課題だが、やはりフライト中気にするしかないか?

今日はYイントラが葉巻を燻らすという
私の印象とは違った意外な一面を見てしまった。
ちょっとビックリ。
-1本目-
テイクオフもランディングも南風。
準備が出来次第飛ぼうと決めていた。
ちょっと日が陰ってきたのが気になったが、
躊躇わずに出ることも一つの課題なので、ここは一丁頑張りますか!と出る。
伐採に向かうと追い風。
定まらないリフトで少しステイするが、上がっていかない。
更に風下で苦しみつつ回していると、Yイントラがテイクオフ前で上げている!!
下に入るつもりで戻ってみたが、既に低く当たらず・・・。
Yイントラは800mまで上げて、難台に行ったけど、その後は上がらずだったらしい。

沖で少し粘った後、ランディング。
ランディングはボックスアプローチにしてから初めて、
イメージ通りのファイナルの高さ、位置で降りることができた!

-2本目-
天気も良いし、南風が勿体無かったので、リフライト。
風は1本目より吹いていて、良い感じになっている。

出て右に行くと、やはり東っぽい。
尾根沿いに行きながら少し浮きっぽかったのをスルーしてしまったが、
結果的にはここでリフトに対して探りを入れるべきだった。
今日の条件では弱くても浮いていられるところを大切にすべきであった。
結局私はランディング近くの丘から出ているリフトにしがみ付いてはみたものの、
流されて崩れていくリフトを掴みきれず降りてしまった。
私の後に出た人は、伐採付近で上げて、30分くらい飛んでいた・・・。

ランディング。
サブになってしまったことは、アップダウンがあったことを考慮して、
まだ許容範囲内だったとしても、フレアが遅すぎてノーズを付いてガッカリ。
良いタイミングでかけられる状態は整っていたし、
風が弱いこともわかっていたのに、敢えて遅らせてこの様。。。
グライダーの力が残っていないことが感じられなかった。
ここでも感じる力の足りなさを痛感した。
コメント
この記事へのコメント
沖でのセンタリングはとってもよかったよ。
山際で飛んでいる時は、絶対に山に取られないように力んでいるのかなあ?夏なんだし、たいして風に力ないんだから、もっとリラックスさ。
▲2006/07/28(金) 22:17:00 | URL | ユウイチ [ 編集 ]
了解です!
アドバイスありがとうございます。
夏の間に何かを掴んで、秋の大会に臨みたいです!!
また一緒に飛んでください。
▲2006/07/28(金) 23:40:24 | URL | 火群 [ 編集 ]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。