-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
7月3日(月)
いい南風。

今日はいい飛びができそうと期待して山に上がる。

結果は、少し浮いていられたが我慢できなくなって降りてしまう。
Aイントラ、Yイントラは実力通り降りて来ない。。。

Yイントラからのアドバイス
「センタリング中、リフトが内側の翼からずれて内翼が落ちてしまったら、
横滑りを抑えるのではなく、そのままのバンクでベースバーを押し出す。」
早速次回やってみよう!

ランディングがだめだめ。
条件がいくら穏やかでも、自分のせいでちゃんと降りられない。
安定するのが先か、怪我するのが先か・・・。
テイクオフするまでのリズムがフライトの内容に影響する私。
良いことではないが、今のところその事実は否めない。
そのことを意識して、組む→出ると一連の流れで行く。

出てすぐ意識的に山に寄る。
伐採を超えて少し行くと小さいがリフトあり。
押す押さえるセンタリングがいい感じで、なんとかステイ。
Aイントラが出てきて、下に入る。
上がって来ない→風上にずらし、率良く私の上に。
私もワンテンポ(スリーテンポ?)遅れてそちらに行くが、
リフトはあるものの上がっていかない・・・。
一周で-10m、しばらく辺りを探るが我慢できずランディング。

ランディングでは、アプローチは速度・高度・位置とも悪くなかったと思う。
にも関わらず、クラッシュしてしまったのは、
・スタンディングになってから、ハーネスに体重が載っていない。
・左右のバランスが取れていなかったことに気付いていたのに、早く対処しなかったこと。
・無風に対する危機感の薄さ。
があった。

反省点は活かし、失敗は忘れる!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。