-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
6月2日(金)
意識してできたこと
・ボックスアプローチの高さの見積もり
・アップライトを持ってから前に(ハーネスに)体を乗せること

意識していたのにできなかったこと
・すぐに無駄な力が入る。
・成すがままだと風下に流されるし、
リフトの強い方と意識し過ぎてバンクを変に戻すとリフトを見失う。
ピッチのコントロールも無駄が多い。
程よく成すがまま(変に力で抵抗しない)の部分と
力を抜いて抵抗する(バンクとピッチを使って)部分を使えるようにしたい。
・網付近で低くなって、速度を維持したままベースバーを持って
通過しようと思ったのに、網が気になって速度を抜いてしまった。
・東成分があると気付いていたのに
最終的なラインが南西になるようなアプローチをしてしまった。

意識していなくてできなかったこと
・スムーズなテイクオフ
・傾いたままフレアーをかけたこと


-1本目-
12時頃テイクオフ
東よりの風
前の機体が右に行って手応えがなさそうに見えたので、私は左に行ってみることにした。
お富士との吹き抜けの手前でリフトらしきものには遭遇したが、
回したり、浮きっぽいところをウロウロしてみても上がらず、敢え無くランディング。
ランディングは昨日の話を活かす絶好のチャンスだったのに、網のプレッシャーに耐えられず速度を抜いてしまい、最後は走ってノーズをつく。
私の場合は早めに持ち替えて、ふちを蹴る作戦の方が性に合っていると思った。

-2本目-500m・1時間
もう1本ランディングがしたくて、リフライトすることに。
一度車を取りに行ってからもう一度上がる。
(Aイントラ ありがとうございました!)
いいタイミングで日が差してきた。
テイクオフに上がると風もいい感じで入っている。
ラッキー!と出ようとするが、
Aイントラにいつも指摘されている
ホールドからのスムーズなテイクオフができず、リズムが悪くなる・・・。

気を取り直して出る。
南東でリッジは何とか場所によっては取れそう。
「この風だともっと山に寄っていかないと~」と無線が入る。
山に寄り、リッジとサーマルの混じった感じのリフトで300m~500mを行ったり来たり。
いいリフトだ!と回しても上手く留まっていられない。
これはどうか?こんな感じか?とやっているうちに垂れてきてランディング。
ランディングは傾いたままフレアーをかけてノーズクラッシュ・・・。
こんなランディングばっかりじゃ、グライダーが可哀想だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。