-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
10月1日(土)
珍しく好調!

南西風。
しっかりとリッジが取れるくらい強い風だが、
正面なので選べば安定して出られる感じ。

12時半頃テイクオフ。
まずは8の字で高度を稼ぎつつ、周りを見ながら、効率の良いところを探す。
伐採で回し始め、600m。
先に出た人たちはテイクオフ左尾根~吾国の方でウロウロしているが、
あまり良さそうではない。
少し沖でシングルがぷかぷかしているのを発見し、そこに入って1150m。
まだ雲底ではなかったが、上がりが鈍くなる。
足尾の方に雲が連なっていたので、雲沿いに移動できそうだと考えて、グライド開始。
スピードよりも雲の下を高度を保って移動することを意識してみた。
あまり落ちずに移動し、風車裏で少し荒れたサーマルにヒット、1100m。
下のKつらさんを観察しながら、足尾を通過し、猿鉄塔へ向かうが、雲が途切れる。
しばらく辺りを探してみるが上がらないので、引き返す。
また、風車裏の雲の下でヒット、1200m。
今度は難台方面に向かう。
途中グライドの練習(雲の下に狙いを定めて、60km/hでグライド)をしながら難台ヘ。
G社長にご対面し、難台のトップまでは行かずに、
板敷方面に向かうと途中でヒット、900m。
情けないことだが疲れてしまい(1時間40分なのに…)、
最後に引き込んで500mになるまで南にグライドし、帰ってきて降ろした。

グライダーがリフトに絡んでくれる感じで、とても良い。
気持ちに余裕を持って飛ぶことができた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。