-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
2月20日(月)
西~北西一時南西、晴れ

T.Oの風がフォローから正面に変わり、1時頃テイクオフ。

出てすぐ500mまで迷わず上がったが、次がすんなり繋げず、
他機と一緒にT.O前~やや左をステイしながら徘徊。
危うく降りそうになり、北風だしーとお富士の北側に行ってヒット、
L.Dの風を見ながら大事に回して600m。
既に上にいるN吉さんに寄せるように回しながら900mで、
沖のラインを足尾方面に進んでいった永吉さんを追いかけていくと、
ヒットして本日最高1300m。
永吉さんはもっと上にいたが、永吉さんが移動し始めたので付いて行く。

足尾の沖900m付近でN吉さん、パラと
弱いリフトにステイしながらしばらくリフト捜索。
N吉さんは西風に揉まれることも覚悟して、
山沿いにリフトを拾いながら帰ることを選んだようだけど、
私は揉まれるのは嫌だったので、パラとうろうろし続け、
やっと上がり始めて1100mを越えたので、モーパラ方面へ。
一緒に動き始めた足尾の方は、西風だし、
そのままさる鉄塔を越え西側に行ってしまった。
私はさすがに西側に行くのは躊躇われたので、
250mになってモーパラに降りようと足を出す。

降りるために再度風向きを確かめると弱~い北から西、と思いきや、
南寄りに変わり始め、ポコポコしてくる。
北に流されながら少しずつ上がり始めたので、
このまま南風と一緒に帰れればいいなと考えつつ900m。
足尾のL.D付近真で戻って600m→900mの時点で板敷のL.Dの風を確認すると、
南の兆候もあったけど、今はまだ北のよう。
このグライダーであまりグライドをしたことがないし、
確実に帰るために1200mまで上げて、板敷に戻ると結局700m以上余っていた。

板敷付近は大きなリフト帯だったが、
寒さと久々の長いフライトに限界を感じ、もったいないけど降りることに。
風の変わり目のようだったので、
上空でしばらく様子を見て南になったのを見計らってランディング。

最後の最後、スタンディングからフレアがやっぱり課題。

―気付いたこと―
今日は上げていると少しガチャついてきて(350m、600m、900m付近)、
およ?と思ってシフトさせるとまた順調に上がりだすパターンが多かった。
およ?で時間を取らずにすんなりシフトさせられるようになれば、
もっと早く上げられるようになるかも。

2h/1300m
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。