-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
9月10日(土)・11日(日) 十分一女神輿ツアー
10日(土) 十分一T.Oからフライト

T.O目の前にトンビが数羽、上がっていくでもなくT.Oレベルで戯れている。
これは良いかもとホールドするもグライダーが重い?
いけるかと1歩、2歩であまりに重たいまま傾く感じがして変なので止め。
止めてしまった。。。

気を取り直して、出る。
トンビの集団に突っ込むも・・・ん?これリフト?
いや、上がんないし。
右の尾根上に移動し、探すも当たらず。

L.D付近は少々ボコボコしていて、緊張感あり。
アプローチ・高度感は悪くなかったが、やはり速度不足と視線が下がるのがダメ。


11日(日) 三ノ倉でフライト

テイクオフは前日の反省からホールドを丁寧にしてOK。
風が弱く、良い速度になる前に斜面が切れて出てしまったので、
もう少し後から走り始めた方がよかった。

目の前の尾根上、弱いリフトで少しステイが精一杯。
界隈を探してみるも当たらず、L.Dへ。

ランディングは最悪×
他機とほぼ同高度でL.D上空へ。
下にも機体がいたので、先に降ろすことはできず、完全に同高度。
最低限、他機の邪魔にだけはならないようにアプローチして、
相手のファイナルまで確認し・・・って同高度なのにファイナル見届けたら、
そりゃ自分は低くなるはずだ。
最後のターンでイメージ以上に流されて、L.D手前の草にベースバーを引っ掛けてクラッシュ。
・そうなる前に鉱山跡地に行く
・OKと言われていたソバ畑に伸ばす
という選択肢も思いついたが選ばずに、実力以上のことをしようとした結果だと思う。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。