-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
6月20日(月)
南(T.Oはやや東寄り)の風、曇り時々晴れ

本日のテーマ:やや風のあるときにも力を抜くこと

まだ曇っていたのでもう少し待ちたい気もしたが、
リッジで浮いていられそうだったし、
テストのAトンさんと一緒に飛びたかったので、
先に出て浮いているつもりで同じタイミングの集団1番手で出る。

T.O右の尾根ですんなりとは上げれず、
8の字か、いや回してみようなどといろいろな動きをしつつ、やっと450m。
左の尾根上に行ってみるけど当たらず。
T.O上・伐採と戻ってみてもさっきと違う感じ。
ん?風が変わった?
もう一度T.Oに戻って当たらずで、
伐採から木が揺れている方へ方へと行ってみてもボコボコはしているけど、
高度が稼げず大覚寺に到達。
ランディングの吹流しが結構東風だったので、
道路の向こう側はどうだろうと思って、行ってみるもダメ。
…で、出てきたNもとさんとAトンさんは普通にT.O周辺のリッジで浮いてるし。。。
結局、浮かなくなってきてもできるだけ下がらないようにして、
T.O前で我慢しているのが正解だったようだ。

ランディング
ダメだった点:隠れ東の作用があるかもとは予想していたのに、
最後のターンでイメージ以上に下げられ、
最後の直線がやや低め(≒遅め)になってしまったところ。
良かった点:低めになったことに早めに気付いて(←ここが以前は遅かった)、
網を越えられると確信するまで持ち替えず、できるだけ速度を保つように
(これ以上速度が遅くならないように)意識して対処できたこと。
フレアのタイミングも悪くなかったと思う。


帰りの車の中でのAトンさんとの反省会で決めたこと

・ランチャー台に上がったらすぐ出ること。
・上がってもいないのに、右の尾根沿いにダラ~と行かないこと。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。