-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
6月3日(金)
南風晴れ
―1本目―
注意点をイメージして臨んではいるものの、
ランディングのことが気がかりで異様に緊張。
でもやることをやるしかない。

出てすぐ右へ。
尾根沿いに流していき、大覚寺付近で弱いリフトにしがみ付き、
何度か回すも耐えられず離脱してランディングへ。

少し高めに入り、速度をもって一番長い南西ラインを取る。
速度は必要以上に付け過ぎた感あり。
フレアはよく掛かるので、じっくり待ってかけるように。
注意点はまだまだあるが、一番直したい速度が抜けるところは修正できた。


―2本目―
センタリングではフラットにしすぎてサーマルから外れることが多いので、
もっとバンクをつけて回すことをここしばらくのセンタリングの課題にした。

リッジで浮いていた他の人たちも降りてしまった。
出て右、伐採付近で回し始める。
初めは振り回しすぎて上手く制御できなかったが、
だんだん速度と体重移動の兼ね合いが慣れてきた。
結果+50mだけだったが、今後への手応えを感じたセンタリングだった。

ランディングは1本目の再現のよう。
あともう少ーし低くてもいい。
もっとグライドパスを見極める練習をしないと。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。