-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
4月24日(日) ヤンキーカップ
本流西風でランディングは風向・風速定まらず。

早いうちに飛びたかったので、早目に準備。
右サイド、時折フォローになる中を待って、
ブローが入ってきたところでテイクオフ。

すぐ前でリフトに当たって、左に回す。
東から出てきた機体が気になって、回すのを止めて低くなる。。。
あのまま回し切ってもよかったのかも。
自分の速度・軌道、相手との距離が冷静に考えられてないのか?

伐採付近で強めのリフトに当たり、
数周回すがトータルでマイナス、尾根より低くなる。
リフトから外れると、大きく下がる、西っぽい癖のある雰囲気。

沖でトンビ2匹が回し始めたのを発見し、同高度で合流。
彼らはいい角度で山の方に流しながら上げていき、
私は少し戻したものの、ついて行けず。。。

ランディングは、私のときは西。
吹流しがなびいている割に、手応えは無風。
結果的にはギリギリノーズ付かず、堪えました…だったが、
スタンディングになってから、もっと力強く前に乗ってる感じで降ろしたいところ。
今度は胸と腰の荷重を気にしてみよう。

この日はその後、怪しげな雲が発達→雷雨。
難しいけど、気象状況を観察・判断することも大切。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。