-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
9月29日(水)
予報 しっかり北東。
ダメもとで、飛べなければハーネス整備でもと思いつつ板敷へGo。

着いてみると、HとりくんとIっしーもいて、結局みんなで足尾にお邪魔しました。

曇りベースで、時折晴れ間が見え、そのタイミングで上がるといった状況。
準備ができたときは、上がる周期の終盤頃。
リジット+パラのガーグルは、すでにサル壁である程度上がっている。

いやいやリフトがあれば上がるはず!と出てみる。
サル壁のガーグルの下はもう高度差もあるし、当たらず。
パラが回しているサル壁とパラ前の間くらいで弱いけどヒット。
少しずつ戻すも、400mで見失う。
今度はサル壁の尾根先南斜面にトンビが出てきたので、
行ってみるとリフトあり→ここで300~450mで30分→力尽きて降りる・・・。
400mを越えるとガチャついてリフトがわからなくなる、の繰り返し。
探し方に意図がなくて何となくっていうのがダメなんだな。
そして、同高度で回しながら抜きつ抜かれつしていたパラが
最終的に流しながら上げていったのに付いて行けなかったのが敗着。

飛びの結果は、上手さに正比例。。。
同じくらいの時間帯で飛んだ人では、1時間飛んで尾根上を行き来した人もいれば、
ぶっ飛びの人もといった感じでした。

改めて感じたのは、「何で飛んでも、飛んでいる人は同じ」ということ。
考えていることや実際の動作は、
基本動作も頭の中の?具合も同じだなとつくづく思いました。
ということは、ここでじっくり余裕を持って考えたり感じたりしながら、
悪いところを修正したり、いい感覚を身に付けていけば、
必ず自分のグライダーに乗ったときにも活かせるはず!

筋トレやリハビリも含め、課題はいろいろありますが、
全部を含めて目標は『目指せ、マリブで盆地一周!』
この秋は、いいお稽古ができそうです。
コメント
この記事へのコメント
Welcome home
おかえり。
待ってたよ。
復活早々モチベーション高いようですね。
よしよし。
▲2010/10/11(月) 04:11:53 | URL | Angel [ 編集 ]
ありがとうございます!!
まだまだ飛ばせていただきます。

かえってモチベーションは上がったようです。
不幸中の幸いでしょうか。。。

一緒に飛べる日を楽しみにしています。
▲2010/10/12(火) 21:27:44 | URL | 火群 [ 編集 ]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。