-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
池田の大会1
池田の大会に参加してきた。
各フライトのことは後程更新するとして、まずは大会全体について。

-できたこと-
・テイクオフのタイミングは狙い通りに出られた。
シード選手や上手な人たちとテイクオフ付近のサーマルで一緒になることができた。
・テイクオフの動作にさらに自信がついた。
緩斜面・弱い風でも躊躇わずに出られる。
大会ではゲートが開いていれば出られると考えられた。
・日毎にガーグルに入っていけるようになっていた。
…が、まだまだ…(下記参照)。

-できなかったこと&今後の課題-
・とにかく上げるのが下手!
わかっていたことだが、これができないと全く前に進めない…。
力を抜くこと、サーマルのコアを掴むことを意識して、板敷で精進しよう!
・ガーグルに入ること及びガーグル内でのセンタリング。
初日は全くと言っていいほど入っていけず。
競技2・3日目も動揺して、センタリングに集中できない。
力も入りまくり!
気持ちの面で他機と絡む練習をして行くと共に、
グライダーをもっとコントロールできるように意識すること、筋力を付けることも大切!
・グライド中に無駄なとられ(=高度ロス)が多い。
もっと集中して、バーの挙動に注意すれば、もっと真っ直ぐ飛べるはず。
・サーマルから離れる高さの判断ミス。
自分は上げるのが下手=このまま回していても上がるどころか下がってしまう…
→それならば移動してしまえ!という負の思考で移動を始めてしまうことがよくあり、
それが結果的に降りることに繋がってしまった。
基本的に他機が上げていれば自分も上がる。
状況によるが、今のところは上がるだけ上げて動くように。
・ランディング:最後の直線の速度管理及びフレアのタイミングが悪い。
最後に中途半端な高度で速度を落としてしまい、フレアがかからずノーズをついてしまった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。