-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
気を引き締めて
この春はフライト条件に恵まれている気がします。
それは裏を返せば大気の対流が激しいということでしょう。
確かに今シーズンはランディングで、アドレナリンを出してアプローチして、
地に足を付けてホッとすることが多くありました。
ベースバーも壊しましたし。。。
私がランディングが下手ということもありますが、
今まで以上に空気の力強さ、不規則さを感じます。

更に気を引き締めて、飛ばないと!と思います。


以下はJHF安全性委員会からの報告とお願いです。

  『温暖化のせいか、今春は例年になくサーマル条件が元気なようです。そのため、地上付近で遭遇する乱気流も、例年の春以上に力強いものがあります。ただガタガタ荒れているのではなく、それよりはもう少し大きなエネルギーのスケールで、キタッ!と思ったときのパワーが大きいです。ジェット機が滑走路へ叩きつけられるほどです。

 ですから、乱気流に対して判断も操作も素早く大きな切り替えが必要で、瞬発力のある対応が求められます。強風や雲の発生についても普段の経験以上に急激で大きな変化が懸念されます。

 スカイスポーツでは機材と飛行技術・経験の進化によって、以前よりも確実に高い技能レベルのフライトが出来るようになっていますが、今春の気象条件ではすでに航空事故もスカイスポーツの事故も続発している現状を考えて、特に慎重に行動すると同時に、万が一の乱気流に対処する際の修正・回復操作が確実に行なえるようにイメージ、シミュレート、チェックしておくようにお願いします。』
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。