-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
4月7日(火)
ショップでMノルと地図を見ながら西へ行こうと話をして、山へ。
Aトンさん・Mノルと贅沢なメンバー!ラッキー!
12:30頃、Aトンさんの次にテイクオフ。
Aトンさんの下で800m、少し下で星の宮方面に向かうMノルを追尾。

回し始めたMノルと同高度、センタリングの練習にもなりつつ、900m。
加波山の上空まで出てきて、雲の下1900m。
まだ上がったが、荒れてるし、吸い上がってるしでこれ以上は上げたくないと弱音を吐く。。。
雨引の北の雲に寄って少し高度を稼ぎ、西へ。

Mノルの金魚のフン状態で駒を進める。
「追いつけませんか~?超ゆっくり飛んでるんですけど・・・」
すみません・・・。
これ以上速く飛べません。。。

ゴルフ場、工場、街とサーマルの出ていそうなところでキチンと上がり、
小金井駅上空を通過して、先の思川(板敷から約35km)で折り返し。

折り返して最初に上げ始めたサーマルで、Mノル2500m私2000mと差が付く。
どうやらコアを掴めていなかったことが高度差の原因らしい。
ここで少し先に行ったMノルを見失う・・・たった1機なのに・・・。

行きで上げた工場で600m→1300m。
「あとはゴールデンレイクスで上げてファイナルなので頑張ってください~。」
うん、頑張る!

ゴールデンレイクス手前の高圧線と川が交差する辺りでヒット。
「ゴールデンレイクス1800mで板敷に戻ってきました~。」
了解です!

ゴールデンレイクス方向にずらしながら上げる。
Mノルが1800mなら私は1900mにしておこうっとファイナル。
雨引から尾根上はリフト帯でむしろ上がり、1150m余って板敷に到着。


2人で飛ぶときのグライドの仕方、リフトの探し方、センタリングなど、
無線を通じてタイムリーに教えて、とても分かりやすく勉強になった。
Mノル、ありがとうございました!
947_HomuraSawada.jpg

 3TP74.9km
 自己最高距離だったので
 嬉しかった~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。