-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
3本フライト
<1本目>
前半のタイミングでレベル程度で浮いている機体がいたため、ハーネスを着るが、
自分が出る前にお掃除タイムとなり、出るのをやめる。
しばらく様子を見て、沖で上がり始めたのを確認し、TakeOff。
他の2機と絡みつつ上げようと試みるも徐々に下がる。
少し沖に探りに行くと、さっき絡んでいた機体が大覚寺上空で上げ始める。
その下に入ったが、すでに低く、リフトを探すこともできずにランディングへ。
自分の前後に出た人たちは浮いているのに・・・。
ランディングは危険行為。
低いところで流されながらターンをして、傾いたままボディーラン。

<2本目>
「リフライトだし、組んだらさっさと出ますか。」
第1次リフライト組が垂れてきた中途半端なタイミング。
学生Hがテイクオフ。
渋いながらも少しずつ上がっていく。
出る。
全く上がらない・・・。
ランディングは前にだらだら出て、自分で勝手に苦しくなった。
どうにか辻褄を合わせるも、速度が足りずボディーラン・・・。

<3本目>
このままでは今日は終われない×××リフライトへ。
やや強めの風に押さえ気味でテイクオフ。
弱いながらもリッヂがとれるので、ゆっくり飛ぶことを意識しつつ、しばらくステイ。
ジリジリ下がり、ランディングへ向かう。
Yイントラにの無線「フルロックしないの?」
短い時間だがひいてみる。
この間引いてみたときより安定していた。
ランディングはイメージ通りできた。
フレアのタイミングはもう少し早くてもよかった。

-今日できたこと-
・抑え過ぎないテイクオフ
これをすっかりマスターして、状況に応じて使い分けたい。
・他機の後ろに付いて回しているところに入っていくこと
・3本目、ゆっくり飛ぶことを意識しながらのセンタリング
・3本目のランディング
これをコンスタントに自分のランディングにするように!

-できなかったこと-
・他機と回しながらコアに絡んでいくこと
他機を気にし過ぎて落ち着いて回せていない。
思ったより近づいても大丈夫。
・ランディング上空での課題を持って飛ぶこと
・ランディング
アプローチはラインをキープ
速度もキープ
自分がイメージしているより高めでファイナル
速度を保って進入
少し早めにフレア
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。