-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
EJC初日~3日目
11月2日(木)~5日(日)East Japan Championship 2006開催。

3日間は渋かった・・・。
初日があまりに不甲斐なかったこともあるが、4日間徐々に上り調子だった。
あと1ヶ月大会が続いていたら、ゴールできたかも?
-初日-(猿公園→雨引→GL4)
流れに任せて並んだものの、パラ前にできた50機のガーグルに圧倒され、
すごすごと1人猿壁に向かってあっさり降りる。
あまりに情けないので、リフライトするが、これまた上がらず。
北向きのランディングの練習になった。

-2日目-(筑波駐車場→ゴールデンレイクス→下館C.C→GL4)
早目に並んだところ、まだまだ煮えておらず、前後の人々と次々にぶっ飛ぶ。
当然リフライト。
2時半頃出たが、今度は上がった。
900mで周りの数機と発射し、ミニマムを取ったと思ったところで引き返して、
ワングライドでモーパラに降りる。
ところが、ミニマム100m足りず・・・泣
スタートシリンダーまでの距離は換算されないとのこと。
以後気を付けよう。

-3日目-(猿公園→雨引→筑波駐車場→下妻ジャスコ)
ダミーもパラも上がっていたので、さっさと並んで出る。
猿壁の数機の集団の少し北寄りにずらしたところで良いサーマルにヒット。
Rきさんと緊張しながらも気持ち良くスクラッチ、良い練習をさせてもらった。
700mで足尾T.O上空に移って900m。
DOまであと10分弱。
まだーと思っているうちに我慢できなくなってきて垂れてくる。。。
何となく漂う多機の中で、少しずつ高度をロスし、移動できないまま降りる。

3機同時だったが、後ろに付いて冷静に降ろせた。
アプローチを練習しておいて本当によかった!
その後雨あられのように降りてくるグライダーたち。
あぁ早目に降りてよかった~。

リフライトはせず。
もういいや~という感じになってしまった。
結果的にはリフライト組はリッジで雨引近くまで行けたらしい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。