-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
9月10日(日)
―今日の敗着―
・山寄りの人が上げていたリフトに突っ込んでいかなかったこと。
・初めに回していた、ジリジリと上がっていたリフトを外してしまったこと。
・上げ直そうとしたとき、探す場所が悪かった。

―反省―
・他機と一緒にガーグル内で回せるように練習する。
・他機も苦しんでいる(=自分にとっては渋い)という状況を見極めて、
そういうときは大きくリサーチせず、今あるリフトから外れないことを最優先で大切に回す。
・上げていた人の位置を把握して、探すときはそこへ行ってみる。

筑波を取ったり、盆地内を縦横無尽に動き回っていた人もいたのに、上げることすらできず・・・。
まだまだ目指すところは遠い。。。

まずは目の前のランディングかぁ。。。
弱いフォロー。
でも真上に張っている雲が抜けたら、状況は良くなるはずと考えて、準備。
暑いけど、人より準備が遅い自分は、早くしておかないと出遅れてしまう。

大方の予想通り、雲が抜けると風が入ってくる。
タンデム出る。
周りのみんなも並ぶ。
しばらく東サイドで列は動かず。
その後、いい南が入ってきて列動く。

自分の番。
目の前では綺麗どころのガーグル。
「みんな私の為にありがとう!」的気持ちで出る。

・・・が、同高度のガーグルに上手く入って行けず・・・。
外から様子を窺って・・・う~ん突っ込めない。
少し沖を探るとヒット。
そんなに強くはないが、悪くない。
押す方のピッチを意識しながら上げていく。
こっちか?もっとこっちか?
ずらしてずらしてみて・・・外れた。。。

外れたら、あっという間に高度ロス。
レベルからやり直し。
とはいえ、さっきと違って、下の人たちは降りちゃっているような状況。
伐採から尾根の上をいつものルートへ。
大覚寺手前で数周ステイ。
下に1機来たけど、お互い上がりませんねぇ。

ここはダメだ。
高度差はあるけど、テイクオフ東寄りで数機上げ始めたので、
それらに続いているサーマルを探しに。
下にいたグライダーは山よりに移動したので、私は沖より行ってみる。
当たらない。
あぁ、もう頭がランディングモードになってる。

吹流しはやる気なし。
無風と決めて、いつものアプローチ。
ちょっと高い・・・無理に振って南東向きに入ると、案の定無風の手応え。
ちょっと傾いてる・・・直して・・・フレア間に合わず、キレイニボディーラン・・・。
フレア、全然遅すぎ!
ちょっと高い・・・の時点で気持ちが引けた結果って感じのランディングだった。
そんなときこそ、気持ちも体も前に!
コメント
この記事へのコメント
ガーグルかあ、そうだなあ。相手の対角線に入れるよう練習だ。進入の時には様子を見ながら、「今だ!」って感じ。スピードをつけて入るようだよ。フルロックして進入することだって必要さ。
▲2006/09/12(火) 14:49:16 | URL | ユウイチ [ 編集 ]
なるほどー!
是非今度平日にお手合わせ願います!!

スピードの管理がまだ自信を持ってできないところです。
早い方も遅い方も。
その為にも上がって移動のときに引き込む練習とかしたいところです。
▲2006/09/12(火) 15:20:43 | URL | 火群 [ 編集 ]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。