-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
1月31日(木)
工事の方に通していただき、T.Oへ。
車で直接上がれることの幸せ。

T.Oに着いたときには、T.Oは右サイド、L.Dは北~北西。
予報は北のち南東弱く、日差しも十分なので、後に入ってくることを期待して準備。
前回は変わり目に出てあまり良くなかったので、今日はもう少し待ってから出ることにする。

1時過ぎ、最後に出る。
前に出たOもとさんは上がっている。
もっと前に出た人たちは、まだちょっと早かったよう。

出て右、リフトに当たり1000m。
Oもとさんが上がっていた高度までは上げきれず、お富士の上で2機回しているところに移動。
お富士上空からT.O方向に流されながら、1100m。
ここから逆転層の手応えで抜けない。
足尾に向かってグライドしてみるが、このタイミングでは上がっている機体が見えず、
このまま突っ込んで足尾にそのまま降りてしまうのももったいないので、一旦引き返す。
再度板敷→お富士上空で上げ直し1100mでもう一度足尾へ。
今度は風が弱く、お富士上空で流されずに上がったので、さっきよりいい位置からスタート。
足尾T.O上空には高いハングが2機見えたが、この高度ではその下に着くのは難しそう。
サル壁を越えてヒット、1000mを越えたところで帰りたくなりかけたが、
サル鉄塔上空にさっきの機体か?2機見えたので、私も駒を進める。
サル鉄塔でここでも1100mから抜けられず、筑波に突っ込むのは止めて、帰路へ。
サル鉄塔1100mスタートで板敷400m到着。
久々に長いグライドしたなぁ。

L.Dは南西から北西で吹流しがユラユラ。
南寄りになったタイミングで南アプローチから最後にやや西に向けて降ろす。
アプローチまでは良かったけど、最後が決まらず…。
ランディングが決まらないとダメだ。

今日は、前回力が入った途端に上がらなくなったことを反省し、
ソアリング時手の力を抜くことのみを考える。
と、今までになく良い感じ!
新生火群か!?

1h30min 1100m
スポンサーサイト
2013年1月21日(月) 飛び初め
工事の関係で上がる人みんな(と言っても3人)まとまって、
工事会社の方にTELで確認してから上がる。
午後からダンプが入って工事とのことで、
Aトンさんに車下ろしをお願いした(ありがとうございました)。

T.Oに着くと北風右サイド、L.Dも北。
南風予報だし、そんなに強くないので入ってくることを信じ、
セットアップ。

準備が終わった頃に徐々に前から入り始める。
L.Dも南に変わり、T.Oも正面で安定してきた12時頃出る。

伐採付近で当たり、力を抜いて、
回しながらずらしていくことを心がけて上げる。
450mで?とわからなくなり、
最後に出たMシさんがT.O左のボールで上げている下に入るも
ガチャっとするだけで上げられず。
力が入った途端に上がらなったな。。。

L.Dは南がやや強めに吹いていて、アップダウンがあり、
フレアをかけずに歩いて(走って)ランディング。
集中して降りられた。

今年はもう少し滞空時間を延ばしたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。