-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
2月28日(火)
北西のち南西のち東、晴れ

弱い北~北西予報。
弱い北の予報で日差しがしっかりしているといい感じになると予想。

L.Dは北、T.Oもやや右サイドだったが、予想通りT.Oの風が正面で安定し始める。
急いで準備したつもりだったが、学生さんたちには敵わず、結局最後にテイクオフ。

出てすぐ目の前でヒットし、良い調子で上がる。
良い調子過ぎて、またもや上や同高度の他機と上手く絡めず…、850mで離脱。
風車が東向きで回り始めたので、東斜面で何とかしようと星の宮へ。

星の宮で「リフトきた!」と思ったが、600m→700mでよくわからなくなり、ステイがやっとな状態に。
板敷では恐らく1000m以上(1200mくらい?)でまだ上げている機体がいたので、
戻ってやり直そうと引き返すと、行き違いでM氏さん、Iムラさん、Bっちが東斜面へ向かう。
ここが敗着1、ステイして3人を待つべきだった。
3人はしっかり上げて、足尾方面に移動して行きました。

結果、星の宮700mで板敷のT.Oの上にすら戻れず、そのままランディング。
風車は東、L.Dは南西だった。
何やってんだか。。。もったいない!

―わかったこと―
・とにかく上げられるだけ上げるべし。
・星の宮700mであの風だとあんな感じになる。

スポンサーサイト
2月21日(火)
昼頃から南西予報に期待し準備OKでT.Oで待つ。
結局、2時頃までフォローが続き、
私は2時半南が入ってきてから最後にテイクオフ。

私のすぐ前に出たIムラさんが渋そうに右に行ったので、
私はその様子を視界に入れながら左へ。
何とか頑張れるか?と弱いリフトを深追いし過ぎ、
上げ始めたIムラさんの下に移動しても山より低く当たらず。
Iムラさんは山をなめるように上がっていった。
南風に変わり始めたのだから、セオリー通りに右を探るべきだった…頭悪っ。

私以外のソアリング狙い組はみんな1500m越えだったそうな。
悔しい!!

テイクオフもランディングも中途半端でいいとこなし。

―わかったこと―
・急な動作は無駄のもと、グライダーがちゃんと飛ばなくなる。
テイクオフも空中操作もランディングもスムーズに操作することが重要。

・悔しさは、私にとっては大きな原動力。次こそは!
2月20日(月)
西~北西一時南西、晴れ

T.Oの風がフォローから正面に変わり、1時頃テイクオフ。

出てすぐ500mまで迷わず上がったが、次がすんなり繋げず、
他機と一緒にT.O前~やや左をステイしながら徘徊。
危うく降りそうになり、北風だしーとお富士の北側に行ってヒット、
L.Dの風を見ながら大事に回して600m。
既に上にいるN吉さんに寄せるように回しながら900mで、
沖のラインを足尾方面に進んでいった永吉さんを追いかけていくと、
ヒットして本日最高1300m。
永吉さんはもっと上にいたが、永吉さんが移動し始めたので付いて行く。

足尾の沖900m付近でN吉さん、パラと
弱いリフトにステイしながらしばらくリフト捜索。
N吉さんは西風に揉まれることも覚悟して、
山沿いにリフトを拾いながら帰ることを選んだようだけど、
私は揉まれるのは嫌だったので、パラとうろうろし続け、
やっと上がり始めて1100mを越えたので、モーパラ方面へ。
一緒に動き始めた足尾の方は、西風だし、
そのままさる鉄塔を越え西側に行ってしまった。
私はさすがに西側に行くのは躊躇われたので、
250mになってモーパラに降りようと足を出す。

降りるために再度風向きを確かめると弱~い北から西、と思いきや、
南寄りに変わり始め、ポコポコしてくる。
北に流されながら少しずつ上がり始めたので、
このまま南風と一緒に帰れればいいなと考えつつ900m。
足尾のL.D付近真で戻って600m→900mの時点で板敷のL.Dの風を確認すると、
南の兆候もあったけど、今はまだ北のよう。
このグライダーであまりグライドをしたことがないし、
確実に帰るために1200mまで上げて、板敷に戻ると結局700m以上余っていた。

板敷付近は大きなリフト帯だったが、
寒さと久々の長いフライトに限界を感じ、もったいないけど降りることに。
風の変わり目のようだったので、
上空でしばらく様子を見て南になったのを見計らってランディング。

最後の最後、スタンディングからフレアがやっぱり課題。

―気付いたこと―
今日は上げていると少しガチャついてきて(350m、600m、900m付近)、
およ?と思ってシフトさせるとまた順調に上がりだすパターンが多かった。
およ?で時間を取らずにすんなりシフトさせられるようになれば、
もっと早く上げられるようになるかも。

2h/1300m
2月5日(日)
南~南東、晴れのちくもり

準備していると東寄りの風が吹き込み、お掃除タイムに。

その後、また浮きモードになり、テイクオフ。
安定感を出しつつ出たつもりだったのに
東寄りの風に左に向かされ、よろしくなかった。

すでに数機が浮いていたので、迷わずそっちへ向かう。
が、同じくらいの高度、規則性のわかりづらい旋回、
目の合わない感じに頭がカオスに・・・。
そこに留まることができず、
少し離れたところで何とかステイと思ったけど、それも叶わず。。。

反省点
・そもそもエリアに来るのが遅い。
・脳内カオスになって、いやだ・怖いという感情が前に出て、冷静に判断できなかったこと。

良かった点
・ランディングで網付近になりそうな高度であることを早目に判断して、
手前に降ろすように対処できたこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。