-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
11月9日(水)in足尾
予報は北西のち南東だったが、結果基本的に終始南西

南西風のときに足尾で飛ぶということはほとんど無いので、
N社長やD門さんにアドバイスを頂き、
特にランディングアプローチが良い経験になった。

1時頃テイクオフ。
このタイミングではD門さんとトンビだけが上がっていった。。。
パラ前の南斜面で数機のパラ・ハングと共に回してみるも粘れず。
L.Dの北側130mくらいから+50m戻し、このままいけるか!と思いきや、
南風に流されつつも上がらなくなりランディング。

もっと早い時間では雲底につけている人もいたらしい。
クラウドストリートが大洗方面まで続いていた。

降りてきたD門さんに尋ねたところ、
「少し上がるとリフトがスライドしていて、
何度もずらしながら上げた」とのこと。
追いかけていくために、もっともっと感じることが必要!

平日に板敷が飛べないことで、足尾で飛ぶいい機会なので、
この機会を活かしたい。
スポンサーサイト
11月5日(土)
山道工事が始まった板敷
南のち東、曇り

T.Oに上がると真っ白。
で、ぶっ飛び。
11月4日(金)in足尾
東~北東、晴れ時々曇り
板敷は山から吹いていたので、足尾へ。

1時過ぎにテイクオフ。
パラ前でステイしているパラの下に行くがリフトを掴めず、
サル壁方面をウロウロしてランディング。

見ていたAこちゃん曰く、アプローチもフレアも問題なかったとのことだが、
体感的には最後に気流が不安定なスカスカな感じがして、
湿地で足滑る→ベースバーが脛に乗る→膝関節きまる・・・。

ランディングで痛い思いをすると、
モチベーションを立て直すのに気力が必要なので困る。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。