-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
4月29日(金)祝日
初GW板敷。
何だか新鮮。
今日もマリブをお借りしました。ありがとうございます!

風車は西、板敷T.Oは東寄りの風。

1本目
正面から入り始めたので、準備。
Hとりくんが山沿いダメ→L.Dの向こう側でいい上がりを見て、真っ直ぐそこに向かってみる。
130mでヒット。
南風に流されながら、だんだん強くなるリフト、
下から見ると、この雲黒いけど大丈夫…?と不安に駆られ、300mを越えて一旦離脱。
ビビリ過ぎ?
結果的にはビビリ過ぎだったってことか。
周りが下がることを確認して、もう一度戻るとリフトは弱くなっていて、
ステイ後降りる。

L.Dは無風。
手応え的にはフォローの速度感、フレアが甘くノーズを付く。。。
最後に余計な体重移動をしてしまい、丁寧さに欠けた。
借り物なのに…スミマセン。


2本目
栃木で雷の情報にさらにビビッて、サッサと飛ぶ。
陰って穏やかそうですけど、何か?

L.Dはまたもや無風。
今度は体重を乗せることと顔を上げることが意識できて、
1本目よりはちゃんと降ろせた。

今日もいい練習になりました。
スポンサーサイト
明日(4月26日(火))
明日、どなたか板敷へ飛びに行く予定の方いらっしゃいませんか~。
午後から風が強まる予報なので、早目に飛びたいと思っています。


先日、晴天ではないけど南風だしー、と出かけてみたら、
誰も飛ぶ方がいなくて飛べず…。

なので、ここにちょっとアピールしてみました。
4月24日(日) ヤンキーカップ
本流西風でランディングは風向・風速定まらず。

早いうちに飛びたかったので、早目に準備。
右サイド、時折フォローになる中を待って、
ブローが入ってきたところでテイクオフ。

すぐ前でリフトに当たって、左に回す。
東から出てきた機体が気になって、回すのを止めて低くなる。。。
あのまま回し切ってもよかったのかも。
自分の速度・軌道、相手との距離が冷静に考えられてないのか?

伐採付近で強めのリフトに当たり、
数周回すがトータルでマイナス、尾根より低くなる。
リフトから外れると、大きく下がる、西っぽい癖のある雰囲気。

沖でトンビ2匹が回し始めたのを発見し、同高度で合流。
彼らはいい角度で山の方に流しながら上げていき、
私は少し戻したものの、ついて行けず。。。

ランディングは、私のときは西。
吹流しがなびいている割に、手応えは無風。
結果的にはギリギリノーズ付かず、堪えました…だったが、
スタンディングになってから、もっと力強く前に乗ってる感じで降ろしたいところ。
今度は胸と腰の荷重を気にしてみよう。

この日はその後、怪しげな雲が発達→雷雨。
難しいけど、気象状況を観察・判断することも大切。
4月21日(木)
曇天、南~南東風。
薄日のきっかけがあれば、浮いていられるかもと予測。

本日は、マリブをお借りしてのフライト。
ありがとうございます!
マリブは組みやすいし、飛びやすいし、全くストレスなく飛べて嬉しいです。

今日はテイクオフまでの流れ(リズム)を
スムーズにすることが課題の1つだったので、
1本目は準備ができたらすぐにテイクオフ。

穏やか。

もう1つの今日の課題、ランディング。
ランディングを安定させるために、今、気を付けているところ
・体重をハーネスの胸の部分に乗せる。
(体を起こそうとし過ぎて、後傾にならないように)
・膝を曲げて体をコンパクトにする。
(重心をまとめてコントロールをしやすくするということもあるが、
意識がいっているかどうかがわかりやすいので、チェックポイントになる)
・顔を上げる。
(特にフレア時、下を向く癖がついていて、体が起きない)
どれも「当たり前じゃん」と突っ込まれそうなことですが、
身についていないのが現実。
そして、3つしか無いチェックポイントなのに、それすらも抜けてしまう。

1本目は、「顔」が抜けた。

OPAの車で上げていただいて、2本目。
組んで出る。

さっきまでK高さんが浮いていた沖へ直行。
弱いリフトで感じて、回し、探って、感じて、追いかけ…たつもりで外す。
くぅ、上手い人なら絶対上げてたなぁ。

2本目のランディングは、3つのポイントは意識できた。
大事なのは定着。
4月7日(木)
11時半、まだ曇天。
しばらくすれば晴れてきそうだったけど、
マイルドに上がるくらいが良いと思って出る。

やや強めの南~西風。
尾根の上でのリッジよりは、少し沖の方が良さそうで、
前に出すとリフトに当たる。
600mでガチャガチャと小さい逆転層?リフトがシフトしているのか?
風車は西向きでブンブン、ランディングも真西。
700mまで上げて、花粉がお富士に沿って上がっていっているので、お富士の上へ。
ヒットして、T.Oの方へ流されながら800m。
前に出てお富士を過ぎてウインドの手前まで行って手応えなく、
T.O手前まで戻ってやり直し。
やっと、「あぁ、こういう風に回してたなぁ」と思い出した。

3回目のお富士900mで風車が止まり、煙が弱く東斜面に流れだしたので、
星の宮へGo。
ゆっくりとした歩みで行ってみたものの外れ。
この頃1時間を超えたくらいで腕が疲れ…本日終了、弱っ。

日差しも出始め、L.D上空もポコポコしていたので、気合を入れ直した。
…つもりが、ランディング、本気が感じられないと一喝される。
グゥ。。。
4月6日(水)
自宅を出るのが遅れ、結局3時半頃テイクオフ。
目の前で引っ掛け始めて、T.O上空800m。

後に出た乗り換えHさかさんが後ろへ流しながら上げていくを見つつ、
後ろへは行きたくないので、お富士の方へ。
南西風がそれなりに吹いているので、移動はゆっくり。
お富士の上まで行ってT.Oまで戻って400m。
もう一回!と思うと…浮いているのが精一杯。
しばらく尾根上でウロウロして、ランディング。

春の南風だから、スピードを保たなくては!と思い過ぎて、
力だけが入りオーバーピッチ。
最後にボーンと上げられたものの落ち着いて降ろせたのは、
グライダーのおかげ。

30分しか飛んでないのに、しかもシングル機で腕が筋肉疲労。
どんだけ力入ってるんだー。
そして、どんだけ弱ってんだー。
プロテインだな。
2011年4月1日(金)
やっと、本格始動!

とは言っても、久々だし、春だし、私だし(?)
BUDDYをお借りしてのフライト。
本当に、飛べることがありがたいです。

緊張感を漂わせてセッティング→飛ぶ。
終始力が入りまくり、春の雰囲気UpDownに翻弄されて、
これ以上手強くなったら、今日の私には太刀打ちできん…とランディング。

テイクオフまでのリズムが悪すぎるとAトンさんからダメ出し。
ご指摘いただけることありがたいです。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。