-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
11月12日(金)
南とはいえ、強風の予報にためらいもあったけど、
そこに居なければ飛べないし、と居残り。

10時頃Mムシさんに乗せていただいて上がってみると、
強めでムラのあるやな感じの風。
Mムシさんが飛ぶのを見届けようとしばらく様子を見ていると、
いやらしさがなくなってきたので、組むことに。

強いときもあるけど、待てば納まるときもあるので、
これなら出られるタイミングで、まずは学生たちGo。
そして見事に自分は出損なう・・・このドン臭さ、イケテナイ。
しばーらく待って、バッチリ正面になってからテイクオフ。
少し乱れはあるが、恐がるほどではなく、上がるほどでもなく。

ランディング、しっかり吹いている南。
高めで入ったつもりが思った以上に進まず、段差の餌食。
そうなる前に高さのあるうちに、もっと手前にすることもできたはずだし、
そもそもファイナルの位置取りもグライダーとの兼ね合いを考えるとよくないし。
あんなに痛い目に遭ったのに、ほんとバカだ。

学生はリフライトへ、大人のみなさんはショップへ。
1人機体をたたみながら、
「もうみなさんと動きがずれたし、今日のところは終了にすべきよね」と考えてみたものの、
どうにも気持ちが治まらず。
ショップでコーヒーブレイクしているSんちゃんに強烈にワガママなお願いをして、
リフライトに付き合ってもらう。
(本当にありがとう!)

先に学生を飛ばしていたMっちょも手伝ってくれて、
豪華サポートのもと、穏やかな中、リフライト。
最後の直線での安定感を上げるために、体重を胸に預けることを意識したら、
スピードに乗って安定して降ろせた(と思う)。
スポンサーサイト
11月11日(木)
今日は出る時間を決めていた11時過ぎに1番手でテイクオフ。
弱いリフトはあるものの、まだ煮えてない。
この時間じゃ山を離れたら難しいだろうなーと思いつつ、
我慢できずに山から離れ、やっぱりランディング。

他の人たちも上がらず降りてきた。


2本目
一旦車下ろしをして、リフライト。
1時頃リフライト1番手で出る。
右手に進路を取るが、速度感が東。
リフトはあって、手応えを感じて回すがトータルでマイナス。。。
位置をずらして試みてもマイナス傾向で、粘り切れず。
山から離れてからも、回してはみるけど上がっていかない×数回でランディング。

このタイミングでは、N吉さんマリブが左手で上げ、700m本日最高。


3本目
出渋ってしまう悪いくせを何とかしたいので、今日はまたも1番手。
今度は左手へ。
手応えはあるんだけど・・・。
ボールに寄り切れないのがいけないのか、上がらず。
木の様子で風の当たっていそうなところを選んで飛んでみたけど、甲斐なくランディング。

後ろではIっしーが上がらず下がらずで尾根上を行ったり来たり。
今度は右手でしたかー。
確かに2本目のときよりは、正面の風になってたし。
頭悪し。

Mムシさん、Kつらさん、本日も山上げにアドバイスにありがとうございました!
11月2日(火)
板敷に向かう道中、どう見ても西風ビュービュー。
知ってた、等圧線こんでるの。
でも別件の用事もあったし、Go!

案の定L.Dも怪しげな西風につき、ショップで待ち。
昼過ぎIっしー、Sとうさんと山に上がり、
一度車を下ろして、タンデム機を積んで再度山へ。

結局3時、T.Oはそこまで強くはないけどしっかり目に吹いていて、
ちょっと持ち難く感じた。
L.Dは逆転層の下で無風、煙が溜まっている。
伐採の辺りで数往復、弱いリフトはあるものの、
力が入っているのか、上手く留まれない。
しばらく前に浮きっぽかった人のコースを沿ってみて、そのままランディング。
もっと貪欲になるべきだった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。