-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
10月30日(火)
グライダーを置きにショップに行ってみると、すでに誰か飛んでいる!?
今日はしっかり北東予報だったので、期待していなかったけど、飛べるジャン。

ショップはお休みだと知っていたので、オーパへ行ってみる。
「一緒に山に上げていただけますか~」
快諾!ありがとうございます。

L.Dは南~南東。
でも本流はやはり北東なのか、
T.Oはたまに入ったり、サイドだったり、フォローだったり。
そして、組み終わると曇天。

2本とも、東成分があるときのいつもの感じで上がらず。。。

1回目に間違えた問題を再テストでやり直して合格点になったってとこでしょうか。
スポンサーサイト
ショック
「明日までだから」と言われて思考が止まる。

精神的にも実質的にも私の中で大きな支えだったYさんが、WSを退職した。
技術面での相談も、グライダーの調整も、諸々のグチも・・・
本当に多くのことを引き受けてもらっていた。

強力なサポーターを失ったダメージは大きい。
10月28日(日) in十分一
毎年恒例 「温泉と紅葉・美味しいものを堪能、クリスタルツアー!」
と兼ねて、月例会in十分一。

何故この時期に?の台風は土曜日に過ぎ去り、日曜日は良い天気!
南のち西風。
タスクは、米沢高校アウトアンドリターン 約32km。
良さげ~と思いきや、T.O周辺がしばらく陰った辺りから様子が変わる。

再度日が出始めた12時半頃出る。
十分一T.O上空まで行っても手応えはなく、さっさとハッツキへ。

一番手U田さん、発射するも引き返し、撃沈。
むむ。

リッジ+ちょいサーマルで、ちょっと高くなって900m。
南西方向に動いてみるが当らず、300m使ってハッツキに引き返す。

発射二番手M松さん、ハッツキからワングライドで撃沈。
むむむ。

まだ1時過ぎだし、もう少し飛んで時間が経てば、対流も活発になるかも
とリッジでのんびり漂う。
リッジで飛んでいる他のメンバーには「無理に行ってもねぇ~」的雰囲気が漂う。

良いリフトに出会って、ポンと850m、1時半。
コンペティターたるもの前に進まねばならん。
今度は亀岡文殊方向へ。

刈り終わった田んぼは、昨日の雨で一面キラキラと輝く。
・・・ですよね~。
M松さんの降りているところを射程圏に捕らえ、
そこはOKなんですね!と他力本願。

結局、進んでみたものの何者にも出会えず、ワングライドでランディング。
米高は遠かった。。。
10月23日(火)
昨晩の無理っぽ~い予報(北東8m)にかなり迷って居残った。
だから、飛べただけ良しとする?

…はぅ。
飛んで、降りた。

しょうがないので、真西に向いて降りる練習。
気持ちいい速度・ポジションで入れた。
フレアをもっとバシッと格好良くかけたいぜ。
10月22日(月)
ぶっ飛んだ…。

全然浮いていられる条件のはずなのに。
ズルズルと前に出る&弱いリフトで???になるいつもの悪いパターン。

他の人は900m前後で最高足尾まで、1時間くらい。

明日はマトモに飛んでやる~。
再開
喉が少し痛いのは気のせい。
鼻がチュルチュルするのは慢性鼻炎か何か。
ということで、風邪は治った。
もう風邪でいるのに飽きたので。

で、ビリー再開。
やっぱり汗をかくのは気持ち良い!
寝て待て
VS 風邪

前回はそんなに調子悪くないと思って運動したら、その後頭痛で痛い目に遭い、
前々回はたいしたことないと思って飛んだら、次の日39℃の発熱。。。

ということで、今回は、

完治は寝て待て!

・・・2日経過・・・

変化なし。鼻グズグズ。
このままでは脳味噌が腐ってしまう。。。

何が足りない?
そうか!戦うためのエネルギーが足りないんだ。

焼肉。

食べて~寝て~食べる。

体重計に乗るのが怖い・・・。


体調管理
富山から帰ってきてからこっち、風邪気味。
悪化するでもなく、治る訳でもなく、鼻がグズグズして、喉がちょっと痛い。
もともと粘膜が弱いので、弱点から攻撃を受けているようだ。

これからの時期、エリアの外にも飛んで行きたいし、晴れの日には飛びたいのに。
これじゃあ、体力増進どころか、体力減退じゃん。。。
EJC2007 その他
このブログは自分の為の個人的なフライトログのつもりだったのだけど、
いろいろの方から『更新すべし!』との声をいただいた。
書くこと自体が苦手なので、なかなか更新ペースが伸びないが、
飛ばないときにも書いていくようにしてみよう・・・かな・・・。

この大会では、歯を食いしばってガーグルに入ったり、
降りにくそうなところを低く動いたり、
自分にとって苦しいことをして、自分の中で勝手にいっぱいいっぱいになるよりは、
少し外れていたとしても、余裕を持って、
自分のパフォーマンスを発揮できるように飛ぼうと決めていた。
タダでさえパフォーマンスが低いので。
もちろん、技術や経験値を上げて、他の人と飛べるようになるのは今後の課題。

結果、いろいろな要因が味方してくれて、
ポイント大会で初めて総合成績表の1枚目に名前が載ったことが、実は嬉しい。

大会を開催・サポートしてくださった方々、ありがとうございました!

フライトの合間のいろいろな人たちとの交流も楽しかった!
大先輩のIさん、他のエリアから来てくれたNさん・Kさん&いつもの仲間が
一緒に歌いに行ってくれたり、
レディース軍団との集会で交流を深めたり、
えもGことEもとさんにイタリアンをご馳走になったり。

年末の龍門の大会にも参加する気満々!!

今日の夕飯はDANNA様の好物にしようっと。
EJC2007 3日目
TO→益子駅→ゴールデンレイクス→鬼怒川大橋→関城エアポートゴール 60.0km

T.Oに着くとすでにパラは上がっていて、良い条件を予感させる。

ゲートオープンして比較的早く並ぶと、ランチャー台に乗ったところで「シード出ま~す」の声。
よし!ナイスタイミング!!
シード選手に紛れて出る。

さる壁で順調に上がる。
周りにたくさんグライダーがいるので、リフトがわかりやすい。
デパーチャーオープンまであと10分、ツバメまで進んで雲底近くで待つ。
キレイどころの人たちと一緒にいられるのは、このときだけだな~。
でも、フライングは、もしゴールできたときにガッカリ度100%だし。
下々のもののデパーチャーオープンタイムが早目にあったら、
上手い人たちと途中で一緒に飛べる可能性がでてきて嬉しいのに。

最初のスタートで動き出し、すぐそこの尾根が切れる辺りでもう回し始める。。。
誰もそんなことしていないのはわかってるけど、
この高度のまま富谷山を越えていくのは嫌だったので。。。
ここで第2集団と合流。

益子駅手前で上げているグライダーの下に「ありがとうございます」とつぶやいて入り、上げ直し。
400m→700mで一緒に回すのに耐え切れず一旦逃げる。。。

ここで、100mの差が付いて上の人たちは益子駅へ。
私はそれ以上上げられず、そのままの高度で益子駅へ。
その先は『降りやすいよ~』と言わんばかりの広々田んぼ。
高度は板敷T.O。
「いやいや、これはまだテイクオフしたばかりなんだ」と自分に暗示をかける。
「あの丘の上のグライダーの下に入って、上がらなかったら降りよう」
・・・ステイ。
「あの田んぼの上のグライダーの下で駄目だったら、降りよう」
・・・う、くぅぅ、上がり始めた~。
遥か上空のガーグルを見上げながら、あそこまで上がるはず!と1人回る。

やっと、雲底。
ゴールデンレイクスへ!
えー、1km手前で降りる。。。
30.5kmのフライト。

この日のゴールは4人。
EJC2007 2日目
TO→さる公園→益子駅→関城エアポートゴール 54.9km

晴(気象学的には)。曇り(体感的には)。

そのうち高層雲がT.O上空から移動し、真の晴に!
盛り上がるかー、これは並ぶでしょ!!と思いきや、渋ぅ~。
しかもT.Oは北風が西から入ったり、東から入ったり。
でも並んじゃったし。。。

しばらく待たせてもらって、出る。
下がる、下がる。。。
そして、東向きに出て、西向きに降ろす。

でも、早く飛んでよかったのかも。
その後ゲートクローズギリギリまで待っていた選手たちが、大同時進入。
皆さん上手だなぁ。

この日は最長で22km、ミニマム越えは15人弱。
EJC2007 初日
TO→さる公園→ツバメ鉄塔→小山工業団地→関城エアポートゴール 44.7km

雲底の低さ・雲の大きさに怯む。
で、T.O上空の雲が落ち着いた後に出る。
すでにゲートクローズ10分前。

雲が落ち着く≒穏やか。。。
パラ前は上がっていなかったので、そのままさる公園に向かってみる。
雲の弱い吸い上げの為か、グライダーのおかげか、それ程下がらず到着。
さる公園の弱~いリフトで+50m・・・これ以上上げられん。。。
引き返しながらGPSとにらめっこ。
ミニマムまであと1kmで200mを切って、いやもう無理。。。
で、MLにランディング。

ゴールは3人。
ツバメが取れたかどうかで距離が大きく分かれたようだ。
10月4日(木)
昨日から板敷入り。
東風ドン曇の予報に昨晩は意気消沈して寝るも、今朝起きると晴れ!
やっぱりエリアに来てみないとわからないものね。

11時頃山に上がると微フォローだったが、様子をみているとブローが!!

Yイントラが飛んで渋そうなので、少し待ってNおさんの後に出る。

山から少し離れたところが調子良く、徐々にリフトが強くなって600m。
うー、上の雲が気になる…。
上げるのを止めて沖へ。
リフト帯から出るとホッとする。。。

取り合えず今日のところは降りてみた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。