-月と炎- - ハングに関する私的なことをつらつらと書いています。
 
 
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit] --/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック[-] コメント[-]
9月29日(木)in足尾
北東やや強く晴れ→足尾へ

テイクオフは相変わらず強いなーと思わせる風。
山に上がったときは、北かぶりで出にくそうなので様子見。
何人か無難に出て行き、風がおさまってきたので組む。

しばらく待つと、北のかぶりが弱まってきたので、風を選んで出る。
(なかなか出られなかったけど・・・)

北東風のリッジ、必要以上に力が入り、パラ前で落ちないが上がらない・・・。
300~400mでしばらくフラフラしているとようやくヒット。
北風に流されつつ上げて、650m。
これをきっかけに、700~300mの間で、足尾付近を1時間半のフライト。

センタリングに関していろいろ試した。
1番の収穫は
・グライダーはセンタリングが上手い
ということ。
自分で力んで変にグライダーをコントロールしようとするよりは、
グライダーに任せて回した方が上がる!
そして、さらに効率よく上がる為にコーディネートしていくという考え方が
今の私には良いと思う。
あとはバンク角やスピードをもっといろいろと試していきたい。
スポンサーサイト
19日(月・祝)
通常の祝日。
天気も良くいつものやや混みの板敷。
やや遅れて到着し、後ろの方でセットアップ。

しばらく無風から弱いフォローの状態が続く。
G田さん・N間っちがランチャーでしばらく待って、風を選んで出る。
渋い中上げ始めたのを見て、すぐに並ぶ。
出やすい風が入ってきた。
ランディングは北風。

…が、テイクオフの風が数人で売り切れ。
ハーネスを着たままウェイティングを余儀なくされる。

風を選んで出る。
日の当たっているところやランディング上空など徘徊し、敢え無くランディング。

ランディングはほとんど無風。
しばらく北風が続いていたので、北向きに降ろすことに。
前に出ないように意識してアプローチ。
最後のターンが低く流されて、網クラッシュ…。
このままでは近いうちにケガをする。

とにかく自分の高さの感覚がおかしいので、
・ずるずる前に出ずに
・直線の長さをしっかり取って、少し高めでファイナルを切る。
・もし高かった場合は山側に逃げる。
基本的なことをやれば問題ないはず。
試乗?乗り換え!!
昨日13日(火)、試乗機のS3に乗せてもらった。
(問題がなければ、そのままお買い上げさせてもらうつもりで。)

テイクオフもランディングも南風で穏やかに飛べそう。
しかし、穏やか過ぎて、みんな様子見状態。
テイクオフ上空に薄っすら雲が出来てきた感じがしたので
(あくまで感じ程度で良い積雲というわけではない)、出てみることに。

穏やか。
手を放したり、回してみたりして違和感はなし。
でも、コントロールがとても軽いとは正直思わず、
どちらかというとどっしりとした感じがした。
ランディング北の岡の上に弱いリフトがあり、何度か回す。
ステイはできないが、リフトでの回し心地は良い気がする。
ランディングは降ろしやすい(はずの)南風。
フレアがとてもよくかかると聞いていたので、逆に弱くかけすぎて、
少し前のめりになる(ノーズは着いていないけど)。
フレアはいつも足りないくらいなので、普通にかければいいということだ。

お買い上げ決定!!!
カラーリングに偶然 私色=ラベンダーが入っていたことも決め手の一因になった。

ランディング:8の字の基本に戻って、高度処理のラインから前に出ないようにして、
最後の直線を長く取ることを意識してみることにする。
9月8日(木)
台風一過の予報の良さに我慢しきれず板敷へ。
今日で最後と誓いつつ、またもLS3をお借りして飛ぶことに。

Sちゃん、S間ちゃん、Kさんとぶっ飛ぶところを見て、
ずるずる待っていると東風になってきた。
いよいよ、飛ぶか?やめるか?と考えさせるようなフォローまで吹いてくる。
Mっちょが風を選んで出る→降りる。

その後、ランチャー台で20分待って、やっと来た前からの風で出る。
空中は穏やか。
ランディングは無風。
東風を意識しすぎて、変に前に出てしまい、
振って下げたがタイヤが段に当たってクラッシュ!
アップライトが少し曲がる。(ごめんなさい!!)

ランディングの下手さはグライダーのせいではない
…わかっていたけど、再確認した。
売り買い
今のグライダーに乗り換えてから1年。
前とは違う、いくつかの課題が生じた。
・ガーグルに入れない。
・気流の乱れた空域ではほぼノーコンになる。
・30分くらい飛んでいると手首が痛くなる。
・ランディングの決まらない。
など
これはグライダーの問題ではなく、自分の技術(精神面も含む)の問題なので、
あと1・2年乗っていれば、これらの問題はクリアできると思う。
しかし、大会には出続けていきたいし、もっと早く解決したいと考え、
サイズの小さいグライダーに乗りたいと思うようになった。
また、新しく買って1年のこの時期に売れるのであれば、
売って新しいものに乗ったほうがよいということもある。

グライダーを欲しいと言ってくれる人が現れた。
まだ確定ではないが、グライダーを見てもらったときの手応えはよかった。
上手く商談が進めば、
10月の獅子吼に新しいグライダーで出られる可能性もでてきた。
そうなると嬉しいのだが。
2日(土)
今日もLS3を借りて飛ぶことに。

東よりの風、盆地内は霞がかかり、筑波も見えにくい。
残暑はここ3日間で一番厳しい!

Sちゃん・Oさんが暑さに耐えかねて(?)、出る。
ランディング付近でSちゃんが粘るも苦しく、ランディング。

しばらくしてMのるが出る→降りる。
Kさん出る→立てたり戻したり、テクニカルなセンタリングで徐々に上がり出す。
学生1名、そこに突っ込む→反対に回り出す…Kさんだからまぁいいかと放置。
自分も準備をして、Hえちゃんと1時半頃テイクオフ。
Hえちゃん少し上がる。
私、下に入るが上がらず…。
決して強くないリフトなのだから、探るときにもっとゆっくり飛ぶべきだった。
ランディングは上から見ると、無風?ほんの少しフォロー?
でもそのときまでは基本的には南風が吹いていたし、
アプローチ中もそこまで北風を感じなかったので、無風と決めて降りることにする。
最終的に極弱いフォローで降りることになり、
思いきりフレアをかけて走ってみたがボディーラン。
でもこの程度で済んでよしとしようと思った。
1日(金)
Yイントラがテストフライトした後、自分で飛んでみることにした。

Yイントラにお願いをして、早々に山に上がる。

テストの結果、チューニング前よりコントロールはしやすくなったが、
やや左が入りにくいことが判明。
それを直してもらって、テイクオフに上がる。

T.Oは東よりの風。
2時頃テイクオフ。
リフトはあるものの上げきれず、ランディング。
フレアの効きは明らかに良くなった。
コントロールに関しては正直よくわからなかった。
8月31日(水)
LS3を借りて飛んでみた。
Yイントラが私のS3.5に乗ってみてくれることになった。

弱いがフォローが吹いている中、Yイントラとしばらく待つ。
ランディングは弱い北風。

痺れを切らして、Yイントラが出る。
上がらず北向きに降りる。

時折正面の風が入ってくるタイミングが出てきた。
ランディングも南寄りになってきた。
風を選んで、2時頃テイクオフ。
ガチャガチャもしていない代わりにリフトの手応えもなく、ランディング。
無風だったが、フレアはバッチリ決まった。

私のS3.5はターンの入りが硬いとのこと。
Yイントラの提案でフロントワイヤーを伸ばしてみることにした。
これによって、ベースバーが手前になり、
下半角が強くなることで、ロールの不安定さが増すらしい。
ロールを軽くするためにいじっていたミドルセクションは元に戻した。

いろいろな発案をして、
貴重な時間を使ってチューニングしてくれたYイントラには本当に感謝しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。